仕分管理システム開発

HOME 開発事例 業務系開発事例紹介 仕分管理システム開発

商品の仕分けを自動化し、省力化を実現するシステムです。



システム構築の目的

流通業において、商品の仕分けを行う事は多大な労力と時間を掛けて行われています。本システムでは、商品の仕分けを自動化し、少ない労力・短い時間で効率的に仕分けを実現します。

システムの特徴

省力化の実現

従来の様に作業員による目視での仕分け・運搬は不要です。作業者は搬入口より商品を分類する事なく投入するだけの作業となり、多人数での仕分け作業が省力化出来ます。

スピーディな仕分け作業

投入された商品のバーコードを読み込み自動的に仕分けられます。仕分けは複数の商品を1グループとして仕分ける事も出来、効率的にスピーディな仕分けを実現する事が出来ます。

物流標準バーコードの採用

商品の仕分けには、物流業界のスタンダードである「ITFコード」を利用します。これにより商品を識別する為の特別なコードを付加する必要がなく、ほとんどの商品を仕分けする事が可能です。

システム環境


クライアント Microsoft Windows2000 Professional
データベース・・・・・Btrieve
開発言語 Microsoft VisualBasic6.0


私たちアイコムソフトは、システムコンサルテーション・システム開発のプロフェッショナルです。

お客様の抱える課題を一緒に考え解決するパートナーとして、ニーズにあった製品・サービスをご提供いたします。
興味を持たれた方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

業務系開発事例紹介